宇佐美ランニングクラブスタッフ紹介

<クラブ代表> 宇佐美彰朗(ウサミ アキオ)

1943年新潟県生まれ。オリンピック“マラソン日本代表”としてメキシコ、ミュンヘン、モントリオールと連続3回出場はじめ、フルマラソン公認大会(国内,国外)に41回出場、その全てを完走し、うち11回の大会で優勝。特に琵琶湖毎日マラソンでは連続3回を含む5回を優勝。

自己最高記録は

マラソン2時間10378197012福岡国際マラソン大会、当時、世界歴代3位、日本最高)、

10000m28366

5000m1402秒。

<現 在>

「宇佐美マラソンスポーツ研究室」主宰

東海大学名誉教授(“体育学”で33年間勤務)

NPO法人日本スポーツボランティア・アソシエーション」理事長



<スタッフ> 

現役当時、“実業団”や“学生時代”に「陸上競技人生」を送り、その豊富な経験は“箱根駅伝”、“全国都道府県対抗駅伝”そのほか“世界陸上選手権大会”などであり、市民ランナーとしても“全国トップグループレベル経験”を積んだスタッフが、約10名で皆様をサポートいたします。

 

<実績>

フルマラソン 2時間1423秒 【スタッフI

フルマラソン 2時間35分16秒 【女性スタッフM】

5000m 14分50秒 【スタッフN】